睡眠と記憶の関係

睡眠と記憶の関係


【加齢】と共に気になってくるのが、

「物忘れ」


久しぶりにお会いした方の顔は分かるのに、

名前が出てこない。


TVを見ていて、

「あーこのタレントさん、ほら!あの!」

って、全然お名前が出てこない。


あるあるじゃないですか?



記憶に関係しているのが、

脳の中の【海馬】という部分。


【海馬】は、人が眠っている間も活動をやめません。


特に、深い眠り、ノンレム睡眠時に活発に活動をして、

情報を整理、記憶の定着をしています。

睡眠中は、新しい情報が入ってこないから、

記憶の定着作業に集中出来る訳ですね。



昔、よく

「徹夜で試験勉強をした!」「一夜漬けで何とかなる!」

なんて話も聞きましたし、やっている方も多かったですけどね。


実は、勉強をした後、深い睡眠で記憶を定着させてあげないと、

脳の中で覚えた情報が整理整頓出来ていない、その場だけの情報になってしまいます。


脳の細胞修復をスムーズにして、脳の老化を防ぐ為にも、

記憶を定着させる為にも、しっかりと深い睡眠をとる事が大事ですね。



では、しっかりと深い睡眠を得る為に、

何をすればいいのでしょうか?


・室内の明かりを落とす

たまに、

「電気を点けたままじゃないと眠れない」

「TVを付けたままじゃないと寝付けない」

などと言われる方がいらっしゃいますが、

これは、睡眠環境としては最悪です。


目を閉じていても、明るさは感じます。


睡眠の質を高める為に必要なホルモン、

メラトニンに切り替える為にも、

暗い部屋がベストです。


ただ、真っ暗な部屋では、

不安感があって眠れない方は、

足元の方などに間接照明を使うなど、

工夫をして下さいね。


・室温を一定に保つ

暑過ぎても、寒すぎても、

深く熟睡が出来ません。


脳科学の専門家の方で、

「室温は常に22度を保つ」

これを推奨されてた方がいらっしゃいます。


夏場でも、一晩中22度設定にして、

布団をかぶって寝ましょう


眠っている間に、温度差が無い事と、

布団の重みを身体に感じる事で、

安心感を得られて眠りの質が高くなる。


これは、言われている事は分かりますし、

効果的だと思うのですが・・・


冷えを感じる女性にとっては、

22度設定は、かなり厳しいですよね?



なので、もう少し高めの温度設定で良いかと思います。


大事なのは、出来るだけ温度差を作らない事。

温度差で目が覚め無い事が大事です。




朝、陽射しを浴びて目が覚めて、

夜、暗くなると自然に眠くなる。

これは、本来、誰にでもある生体リズム。


それが、24時間体制でのお仕事や、

24時間営業のお店が増える事で、

昼夜逆転の生活をされていたり、


パソコンやスマートフォンで、

24時間、動画も見られる。

世界中の誰とでも繋がる事が出来る。


外が暗くなっていても、

明るい部屋で、明るい画面を、ずっと見ている。


この事が、本来備わっている生体リズムを乱しています。



本来は、誰でも、眠れるはずなのです。


もちろん、悲しい事があったり、

悔しい事があったり、イライラする事があって、

一時的に、寝付けない、眠れない事はあるでしょう。



でも、毎日、毎晩、眠れないのは、

生体リズムが乱れてしまっているからです。



眠れない

眠っているつもりでも、疲労が抜けない


そんな風にお悩みの方は、

アナタの生体リズムを整えるようにして下さいね。


LINE@だけの、お得な情報や、

LINEでの、健康&美容相談も、無料でお受けしてます。

お気軽に登録してくださいね。

~リラクゼーション&整体サロン睡蓮~

大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル303

・営業時間  12:00~22:30

       (最終受付21:30)

・定休日     毎週火曜日

・TEL   06-6305-6855


お問い合わせ、お申込み

リラクゼーション&整体サロン 睡蓮

【自律神経を整えて、疲労回復を】 大阪市淀川区西中島にございます、 リラクゼーション&整体サロン睡蓮は、 全身整体でお身体の歪みを整え、 ヘッドマッサージや足つぼなどをセットで受けて頂く事で、 自律神経を整え、睡眠の質を向上し、自然治癒力を高めていきます。 慢性的な肩こり、首こりや頭痛、不眠など お身体の疲労回復に特化したサロンです。 みなさまのお越しをお待ちしております。

0コメント

  • 1000 / 1000